2018年07月11日

2018年7月11日〜7月15日 Lee Changmin solo Exhibition

Lee Changmin solo Exhibition

Changmin-Lee.jpg


2018/ 7/11(水)〜7/15(日)
12:00〜20:00
展示会場:[89]画廊 展示室2


【artist profile】
Lee,Changmin

B.F.A Konkuk University,Seoul,Korea
M.F.A Hongik University,Seoul,Korea
M.F.A the School of the Art Institute of Chicago,Chicago,USA

4 times Solo Exhibition
Over 30 times Group Exhibition

【concept of this work】
Within the boundaries of art genres and materials, we always seek novelty and want something different from the original.
This is a characteristic of modern people who are always busy and a new type of social trend seen in modern society.
Under these trends, I use industrial materials (glue sticks) rather than making a work out of ordinary painting materials.
This raises questions about the material for viewers.
I went to India in 2015 and experienced their life and culture through a study trip.
India, I experience, has seen such brilliant handicrafts, especially fine artisans weaving.
But these are workers in India who earn only $ 6 a day.
Compared to India artisans or workers, can I call myself an artist?
So I reflect on my work the great Artisan had seen in India.
Pull the glue stick thinner than the string and express it as if it were weaving.

ㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡㅡ

アートジャンルや素材の枠の中で,常にノベルティを求め,オリジナルとは違うものが欲しい.
常に忙しい現代人の特徴であり,近代社会に見られる新しいタイプの社会風潮である.
これらの傾向から,私は普通の絵画の素材で作品を作るのではなく,工業用の素材(グレースティック)を使っています. これは,鑑賞者に素材に関する疑問を提起する.
私は2015年にインドへ行き,彼らの生活や文化を体験しました.
インドでは,素晴らしい工芸品,特に美術工芸品が織り込まれていました.
しかし,彼らはインドの労働者で,1日6ドルしか稼げません.
インドの職人や労働者と比較すると,私は芸術家と呼べますか?
そこで私は,インドで見てきた偉大な芸術家を自分の作品で熟考する。
紐より細い糊を引っ張って、織っているように表現する.











posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2018年7月