2018年10月03日

2018年10月3日〜10月8日 日常の味わい 台湾陶芸作家二人展

日常の味わい
台湾陶芸作家二人展

201810nichijou1.jpg

201810nichijou2.jpg

森雨制陶工房
 劉 森雨 (リュウ シェンユー)
 施 佩君 (シ ペイジュン)


キュレーター  :  MangOnigiri Creative Company
スペシャル サポート : 江Jowen


2018/10/3(水)〜 10/8(月)
12:00〜19:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:[89]画廊 展示室1



【展示紹介】
台北の郊外に位置する陶芸工房「森雨制陶(シェンユー製陶)」は
急須をはじめ、湯呑み、お茶碗や皿などを生産しています。
また、工房の近くには淡水河の汽水域があり、
川の水は工房の前を通って海水に変わっていきます。

その淡水と海水が入り混じっている水を利用し、
「森雨制陶」は独特な味わいを持つ作品を作り出しています。

大昔、台北から日本へは淡水河から出航し、
長い月日を経ってようやく日本にたどり着きますが、
交通が便利になった今では淡水河の水や空気、
そして台湾の独特な生活の情味と一緒に日本へ旅することは
ほとんどなくなりました。

今回は、「森雨制陶」の作家二人が淡水河の水と空気を
たっぷり含ませた陶芸作品を持って大阪に来られたので、
ぜひこの貴重な機会に台湾生活の情味を味わってください。


【作者紹介】

劉 森雨
(Liu Shen Yuリュウ シェンユー, 別名A-Woo)
 26歳までは船乗りとして世界中を旅した後、出版社で定年退職まで勤めました。
 退職後は陶芸製作に専念し、陶芸一筋の生活を送っています。
 2013年に同級生の友人と陶芸工房「往淡水。陶」を設立し、
 また2017年に施 佩君氏と陶芸工房「森雨制陶」を設立しました。

 ryu1.jpg

 ryu2.jpg

 ryu3.jpg

 ryu4.jpg

 ryu5.jpg

 

施 佩君
(Shih Pei Jyunシ ペイジュン、別名Bunny)
 2013年に、仕事の傍らの趣味として陶芸を学び始め、
 徐々に陶芸に魅了されてきました。
 また、幸運にも制作活動に意気投合できる素晴らしい陶芸作家の仲間と出会えました。
 今はまだ一介のアマチュア陶芸作家に過ぎませんが、
 これからは自分の熱意と持っている力をすべて陶芸製作に注ぎ、
 一流の陶芸家を目指して頑張りたいと思います。

 経歴
 陶芸工房「森雨制陶」
 2017「島作」展覧会 出展
 2018「三貂嶺吃土祭」フリマ 出店
 2018台南「島作」展覧会 出展

 shi1.jpg

 shi2.jpg

 shi3.jpg

 shi4.jpg

 shi5.jpg


<森雨制陶の理念>
良い食器とは、美しさ、買いやすさ、使いやすさを全て実現し、
またその食器を使う人が食事を美味しく食べたり、
お茶やコーヒーを美味しく飲んだりすることができるのも必要条件です。
良い食器は人生を豊かにすることの始まりにもなるので、
森雨制陶はそのような食器を皆様に送り届けたいと考えております。













posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2018年10月

2018年10月3日〜10月8日 第5回 一展

第5回 一展

201810ichiten.jpg

大阪教育大学 教養学科 芸術専攻美術コース 絵画ゼミ
 辻元美穂・西端みずほ・下浦萌香・大塚夏菜・小西結衣
 佐々敦子・福島愛・要南帆・斎藤眞凛・森野真如



2018/10/3(水)〜 10/8(月)
12:00〜20:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:[89]画廊 展示室3


つかみ始めた各々の表現を元に、新しい一歩を踏み出す。

大阪教育大学寺島絵画ゼミ facebook
 https://www.facebook.com/geibikaiga55
大阪教育大学絵画ゼミ Twitter : @daikyo_kaiga


【作家プロフィール】

辻元美穂
 大学院二回生
 知らない何かと出会えることを期待して、色を重ねています。
 生き生きとしたパワーを持って、こちらに語りかけてくるような。

 tujimoto.jpg


西端みずほ
 大学院二回生
 自身にとっての憧れの世界を求めて制作しています。
 それは、なにかを知覚したときに想起される、知らないはずなのになぜか懐かしい世界です。
 まるでずっと昔にそこにいたかのような。
 私はその世界で、果てしなく大きななにかに溶けたいと思っています。

 nisibata.jpg


下浦萌香
 大学院一回生
 私は、植物や制作場所に付着している絵の具の痕跡を見ると、インスピレーションがわきます。
 そして、それを作品に反映させたくなります。

 simoura.jpg


大塚夏菜
 四回生
 不思議なものに出会ったときの驚きや好奇心を、画面を通じて共有したい。

 ootuka.jpg


小西結衣
 四回生
 私は古典技法の研究を目的として、模写制作を行っています。
 本作はシモーネ・マルティーニの「受胎告知」を部分的に模写したものです。
 基底材から彩色まで、当時の技法を再現するよう心がけています。

 konishi.jpg


佐々敦子
 四回生
 あらゆるものは、とても小さな粒子の運動によって成り立っているのかもしれない。

 sasa.jpg


福島 愛
 四回生
 少女をモチーフに、岩絵具と膠を用いて絵画制作を行っています。

 fukushima.jpg


要南帆
 三回生
 心が感じる直観を大事にしています。

 kaname.jpg


斎藤眞凜
 三回生
 あたたかさが感じられる作品を描きたいと思っています。

 saitou.jpg


森野真如
 三回生
 色を重ねた時予想外の色が出るととてもどきどきします。
 油彩は始めたばかりなので模索していきたいです。

 morino.jpg













posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2018年10月

2018年10月3日〜10月8日 ヒサキ トモミ 個展 「空想採集」

ヒサキ トモミ 個展
「空想採集」

201810hisaki.jpg


2018/10/3(水)〜 10/8(月)
12:00〜20:00(最終日は、18:00まで)
展示会場:cref


絵と、鳥や動物の立体物の作品展です。
Twitter : @hisakitomomi


【作家プロフィール】

ヒサキ トモミ

 大阪出身 千葉県在住
 東北に引越しした際に張り子などの民芸品に興味を持ち、
 独学で張り子の製作を始める。
 ハンドメイドサイトやイベントにて販売。
 絵画作品はグループ展参加が中心で展示していましたが、今回絵画では初個展です。

 hisaki3.jpg

 hisaki4.jpg












posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2018年10月

2018年10月06日

2018年10月6日〜10月8日 関西大学美術部白鷲会 OBOG展2018

関西大学美術部白鷲会
OBOG展2018


201810hakushyuukai.jpg


2018/10/6(土)〜 10/8(月)
12:00〜18:00
89α













posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2018年10月

2018年10月6日〜10月8日 まどぎわ

まどぎわ dai 展

展示 : dai
会期 : 10月6日(土)〜10月8日(月)
    ギャラリータイム(入場無料)
     10/6(土)13:00-17:00
     10/7(日)16:00-17:00
     10/8(月)13:00-20:00

入場料: 2000yen 、通し券3000yen
会場: イロリムラプチホール


【出演】
10/6(土)19:00start
 hadoplanet/みぞたちか/畑下マユ/Nonsugar

10/7(日)13:00start
 児玉真吏奈/シラハタショウコ/本間光/月面=雨中

10/7(日)19:00start
 ぼくのカリフラワーちゃん/コノハコトノハ/よあけのばん


詳しくは、まどぎわ HP をご覧ください。
 http://madogiwa.info















posted by イロリムラ irorimura at 00:00| 2018年10月